山口 小優美

本当にやりたいこと、
なりたい自分を想像しよう。

住宅事業部山口 小優美SAYUMI YAMAGUCHI

  • 山形県立山形工業高等学校
  • 入社6年目
写真

日々の仕事内容を教えてください。

住宅事業部では設計施工の注文住宅を新築しています。
仕事の流れとしては、まず、新築希望のお客さまから要望などを聞き取り、現地調査をし、設計、プラン・見積もりをお出しします。そして契約、工事、完成、お引渡し、アフターケアといったような流れです。
私はその中で、工事管理を担当しています。いわゆる現場監督です。
原価管理、安全管理、工程管理、品質管理と、予算内に現場が安全に工期通りに良い建物がつくれるように管理しています。

写真

仕事のやりがい・心がけていることは何ですか?

建物が完成していく様子をみるのは楽しいですし、自分で管理して予定通り進んでいくのはとてもやりがいを感じます。まったく同じ条件で同じ建物を建てるという事が無いので、退屈しない仕事だと思います。また、住宅事業部の仕事では直接お客さまとお打合せする機会が数多くあるので、完成した自分の家を見たときに喜んでいただけると、達成感が増します。より喜んでいただける為に考え、工夫できるところも考えながら、いつも向上できるように心がけています。

写真

入社を決めたポイントは?

市村工務店では、住宅だけでなく一般建築や社寺仏閣など多くの分野を手掛けているということに魅力を感じました。さまざまな部署で学ぶことができ、自分を成長させられるのではと思っていたような気がします。今は住宅事業部員として日々仕事をしていますが、工事の細かな部分を検討するときに経験豊富な上司の方からアドバイスをいただき知識を得ることができるため、さまざまな専門の部署で学ぶことだけが成長ではないのだと感じました。
また、同じ高校のOBの方が多く働かれているという事もあり、高校からの評価も高い印象だったのを覚えています。

写真

市村工務店に入社してよかったことは?

同世代の仲間がたくさんいるところです。
勝手なイメージでしたが、建設会社というのはご年配の方が多く、伝統を重んじる、悪く言えば時代遅れのようなイメージでした。
ですが、そんなイメージとは裏腹に20代~30代の社員が多く、積極的に若手社員の意見を取り入れる姿勢もあり、働きやすいように最新機器をイチ早く導入したり、伝統の中にも流行に合わせ形を変えて表現していたりと驚かされました。
他社で働いたことはないので比較はできませんが、さまざまなことに取り組み頑張っている会社だと思います。

写真

就活性へのアドバイス

どこの会社も働いてみないと本当に自分に合っている会社かどうかわからないものです。就活中にこの会社に入ってやっていけるかと考え不安に思うのは当たり前ですし、仕事をしていて、楽しい事もあればつらいと思う事もあるのは当たり前です。
本当にやりたいことを見つけてください。なりたい自分を想像してください。
会社に貢献したいという考えもいいことですが、自分の成長のために会社を利用してやろうと思ってみると自信につながりモチベーションも上がると思います。

RECRUIT