―今回リノベーションをしたきっかけを教えて下さい。

市村:
マンションの空き部屋を買い取ったことがきっかけです。中古マンションはデザイン性が古いものが多く、弊社でリノベーションをしたいという思いがありました。買い取った部屋のデザインを誰に依頼するか考えた時、『劇的ビフォーアフター』に出ている渋谷さんが頭に浮かんできました。渋谷さんに頼めば面白いデザインを設計してくださると思い、お声がけをしました。

 

―渋谷さんは依頼を受けた時、すでにイメージはありましたか?

渋谷さん(以下、渋谷):
最初からイメージはありませんでした。イメージを左右するのは既存建物の状態です。マンションのリノベーションはそれほど大きな予算をかけられないので、話し合いながら徐々に決めていきました。

 

―設計でこだわった部分などはありますか?

渋谷:
話し合いの中で出てきたターゲットが興味をもつよう、ありふれた壁紙や水まわりの交換とは違うものを設計しました。具体的には、回遊性のある動線や、手作業が必要となる素材(障子など)のディティールにこだわりました。市村工務店さんは細部にまでこだわりをもっているので、その強みを引き出せるようなデザインを意識しました。

 

―市村工務店さんなら良い仕事をしてくれるだろうという期待がありましたか?

渋谷:
そうですね。『劇的ビフォーアフター』で、市村工務店さんに古い鎧戸を直していただく機会がありました。その時、スタッフの方がとても熱意をもって仕事に向き合っていました。市村工務店さんなら良い仕事をしてくださるという期待はありました。

市村: ありがとうございます。

 

―先程ターゲットの話が出ましたが、明確なターゲットは決まっていましたか?

市村:
明確ではありませんでしたが、できれば若い人が好むようなデザインを手がけたいと思っていました。渋谷さんが過去に設計したものをインターネット上で拝見していたので、話題性があるようなデザインを作っていただけると期待していました。弊社でも設計は可能ですが、今までのイメージとは違ったデザインをしてくれる人に頼んだほうが面白いと思いました。それが「山形でのマンション住まいの一つの意識付けになって欲しい」という想いから、渋谷さんにお願いしました。すると、期待以上のデザインが出てきて驚きました。動線が全て繋がっていて、見た瞬間に「ああ、すごいな」と素直に感動しました。建築は、デザインや動線、使い勝手など様々な要素を絡めながら作り上げています。より意外性のある発想ができるかどうかが、とても重要なことだと思っています。

 

―山形でのマンション住まいの意識付けとは、新しい住居スタイルの提案をしたということですか?

市村:
そのように思っています。最近の山形市では、年配の方が市街地のマンションに住むことが多いそうです。しかし、若い人もすすんでマンションに入って欲しいという思いがありました。若い人たちが素敵なデザインに囲まれて暮らすこと。それが私たちの願いでもあります。

 

―渋谷さんに質問です。現場のスタッフの人たちの働きぶりはいかがでしたか?

渋谷:
作業中、市村社長をはじめ現場スタッフの方々は、いいものを作ることに関して、とてもひたむきでした。現場で計画を立てる時、みなさんに妥協はありませんでした。現場では、工期や予算などでどうしても妥協しなければならないことが少なくありません。しかし、「やるならいいものにしましょう」とスタッフのみなさんに言っていただけたのが、何より嬉しい言葉でした。本当にありがとうございます。

市村:
こちらこそありがとうございます。渋谷さんの言うように、建築は妥協との戦いです。現場では常に妥協したくないという雰囲気があります。私はもう現場に携わっていくのができない立場にありますが、よいものを作りたいと思える社員を育てるのが自分の仕事だと思っています。一人一人が「最高のものを作ろう」という意識をさらに根付かせ、よりよい社風づくりをしていきたいと思っています。

―最後に市村社長から一言お願いします。

市村:
今後は若者が活躍できる場を増やし、大きなプロジェクトにどんどん参入してもらうことで、これからの山形の建築、まちづくりを導いて欲しいです。

 

―ありがとうございました。

 

お客様の声
お客様の大切な声です。
お客様の声
Coffee break
市村の社内報です。
Coffee break
会社情報
明治25年創業の伝統。
会社情報
資料請求
お気軽にどうぞ。
資料請求
リンク
株式会社市村工務店 リフォームセンター
株式会社市村工務店 リフォームセンター・ライファ山形
株式会社市村工務店 住宅事業部
株式会社市村工務店 住宅事業部
株式会社 丸建
株式会社 丸健
山形県建築協会(あとむ)
山形県建築協会(あとむ)